スポーツ障害・スポーツコンディショニング

スポーツ障害

スポーツ選手には最高の状態で臨んでいただきたいものです。

野球肘、テニス肘、ゴルフ肘等故障がつきものです。

ケガの治療はもちろん、スポーツコンディショニングを大切にしています。

当院ではスランプ脱出についてもちょっと違う視点で考えています。

スポーツは過酷です

激しい動き、筋肉の酷使で故障しない方が不思議とも言えるかもしれません。

競技の内容、それぞれの人の体の状態によって傷める場所は様々です。

以下のようなものが代表的な障害です。

  • 野球肘
  • テニス肘
  • 肩の痛み
  • 背中の痛み
  • 腰の痛み
  • 捻挫

治療

整形外科に行っても骨に異常が無い場合が多いと思われます。

このような場合は筋肉や腱の治療が必要です。

当院では傷めた場所をきちんと見極めて治療をおこないます。

もう一つ大事なことがあります。

それはその場所を傷めた原因の追究です。

内臓からの反射で筋肉のコンディションが変化します。

その内臓からの信号を出にくくしていく必要があります。

内臓が元気でないと、筋肉を傷めやすくなるのです。



スポーツコンディショニング

どんなアスリートや一流選手でも調子の波があります。
スランプに陥る選手も見かけます。

素晴らしい能力を持ちながら
実力を存分に発揮できないのはコンディションの問題です。

克服のために大切なことは筋肉の張りや痛みだけではありません。

考えるべきこと

筋肉のコンディション

  • 張り、違和感、痛みの管理

その筋肉に影響を与える内臓の状態

  • ベストな状態に持っていくために大切です

運動の調整に関わる大切な感覚器の問題

  • ここの状態が繊細な動きに差が出ると思われます

これらをきちんと管理していく必要があります。

私の提案

激しいトレーニングはアスリートに必要です。

しかし本番だけでなく普段から良いコンディションを保つ必要があります。

きちんと結果を出すために、できるだけ良い常態で試合、競技に臨んでいただきたいものです。

直前対策としては

本番の2~3日前に体のチェックをして万全な状態をつくりましょう。

またトレーニングの時でもが良い状態でおこなう方が絶対にいいのです。

厳しい世界で活躍する方ほどこれが重要です。