冷え性について

冷え性について

代表的なものは手足の冷え、足の冷えでしょう。特に苦痛を感じるのが足の冷えだと感じます。足の冷えは、主に泌尿器系、生殖器系の内臓がポイントになります。
例えば子宮や膀胱の粘膜が炎症を起こしていますと、交感神経系の反射によって、毛細血管の収縮が引き起こされます。皮膚表面の毛細血管が収縮することで冷えが起こってしまいます。

女性の冷え

手足の冷えに悩む女性はとてもたくさんいます。寒い季節だけではなく、暑い季節にはエアコンの影響もあり、年間を通して冷えに悩まされているという方も少なくありません。

女性に冷え性が多いのは、生理があること等、子宮内膜のコンディションの変化が起こりやすいことが原因の一つだと考えています。もちろん男性も膀胱の状態、前立腺の状態が冷えを引き起こすことが考えられます。

冷え性は、生殖器系の不調から起きている可能性があります。妊活に取り組んでいる方で冷えのある方は、自己ケアも含めて対応することがおすすめです。

冷え性対策

お風呂に浸かる

お風呂で直接温めることが第一点です。そしてもう一つ、温熱刺激が内臓を反射的に刺激します。内臓が元気になることで、血管の収縮も改善し血流改善につながる可能性があります。つまり、少しゆるめのお灸を全身にしているようなものとも言えます。

市販のお灸を利用する

せんねんきゅう等の市販のお灸でも、上手に使うととても良い効果があります。泌尿器、生殖器系の反応点に温熱刺激を加えることで、原因のところのお手当ができるのです。せんねんきゅうを始めてみたいという方は、「ソフトきゅう」から始めてみて下さい。熱い方が効くと思って無理に熱いものを選ぶと続かないかもしれません。「ソフトきゅう」でも十分効果が期待できます。
なお、お灸をして熱く感じたら、取り外す、または横に動かす等、火傷にご注意下さい。

鍼灸院でのケア

ご自宅でのお手当に加えて、鍼灸院での定期ケアをおこなうのが理想的です。当院では反応点治療によって、それぞれの方に最も大切なポイントに治療をおこないます。また、ご自宅での治療ポイントもお伝えしています。

当院では神経学に基づいた施術をおこなっており、一人一人のお悩みに合わせたメニューをご提案いたします。兵庫県で鍼灸院をお探しでしたら、兵庫県三田市にある当院をご利用下さい。体の冷えに悩んでいる方はもちろん、肩こりやヘルニア、膝痛といった体の痛み、不妊治療や坐骨神経痛、パーキンソン病など、ぜひご相談下さい。