坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛という名前から神経の病気かと思ってしまいますね。

しかし、神経の異常ではありません。


症状は、腰、お尻、ふともも、ふくらはぎの痛みやしびれです。

症状のある場所それぞれの筋肉に着目する必要があります。

緊張をほぐし、その根本原因の改善を図ります。

坐骨神経の通り道に沿ったように痛みが出るのでこう呼ばれています。

しかし、坐骨神経が傷ついたり、切れたりしている訳ではありません。


つまり、坐骨神経そのものが悪くなっている訳ではないのです。

症状

お尻、ふともも、すね、ふくらはぎにかけて痛みがあります。

また、お尻とすねの場合など、この中のいくつかに症状が出る場合もあります。

痛みの他にしびれが出ることもあります。

原因

神経が圧迫されているから?

坐骨神経が圧迫されていることが原因の一つだと言われています。

しかし私は、神経の圧迫で痛みが起きるとは考えていません。

圧迫されてもマヒが起きていないならば、神経は正常だからです。

痛みがあっても、足腰が動くのであれば神経が損傷しているとは考えられません。

本当の理由

では何がどうなっているからなのかと思われますね。

本当のところは、それらの場所の筋肉の痛みです。

筋肉の緊張が機械的刺激となり、痛みの信号を出しています。

これを筋肉にある痛みの受容器(痛みのアンテナ)が感じ取るのです。

その結果、感じ取った信号が脳に送られて痛みを感じるのです。


これら下半身の筋肉は主に泌尿器、生殖器からの影響を受けます。

大腸の一部からも影響を受ける場合があります。

つまり、泌尿器系、生殖器系の粘膜の炎症などが引き金になって、

お尻や脚、すねの筋肉を緊張させるように働いてしまいます。

上に書きましたように、この緊張が痛みになるのです。

この仕組みは、体性ー内臓反射と呼ばれる神経活動なのです。

治療

原因と結果の部分の両面に治療をおこなうことが大切です。

この点が反応点治療をおこなう当院の特徴です。

泌尿器や生殖器の反応点へ鍼灸刺激

根本原因である、泌尿器、生殖器の反応点(ツボ)を刺激します。

軽い粘膜の炎症が起きている可能性があります。

この部分の状態を改善することが症状の改善にとって大切です。

上の影響を受け緊張した筋肉を緩和させる

何度も言いますが神経が悪いのではなく痛みの出ている場所が悪いのです。

触診で影響を受けている筋肉を見極めてきちんと見きわめます。

その上で、良くない筋肉の緊張を緩和していきます。


筋肉の緊張がほぐれて、あるべき姿に戻ると痛みの信号が出なくなっていきます。