妊活や不妊治療には基礎体温を知ることから

妊活や不妊治療には基礎体温を知ることから

現代社会では、不妊症に悩む方が増加傾向にあります。妊活や不妊治療を考えている方は多いでしょう。妊娠するためには基礎体温を調べ、自分自身の体温がどのように変化しているのかを知っておくことも大切です。

基礎体温とは

体を動かしたり脳を使ったりせず、一番安静にしている状態で測る体温が、基礎体温です。
寝ている時がベストですが、睡眠中に体温を測ることはできないので、朝目覚めてから体を起こさず、布団に入った状態で計ります。男性の場合、基礎体温に変化はありません。
女性は、ホルモンの分泌によって低温相と高温相の体温変化があります。
女性が基礎体温を測る際には、小数第二位まで表示される婦人体温計を使いましょう。

基礎体温から分かること

健康な女性は一定の周期で生理があります。基礎体温を測っていると、生理の周期が分かってきます。基礎体温が低温になるのは、生理初日から排卵日までです。
排卵日を境に高温期となり、生理初日を迎えると低温期になります。
基礎体温をチェックするだけではなく、グラフにすると分かりやすいでしょう。

体温が高温期になる黄体期には妊娠しにくく、最も妊娠しやすい時が排卵日、次に排卵日の前後2日程度となります。体のサイクルを知るのはもちろん、排卵日を特定することで、妊娠しやすい時期が分かってきます。

基礎体温を妊活や不妊治療に活かす

健康的な女性は、低温期と高温期の差が0.3度以上あります。差が0.3度以上ない方は、不妊に繋がるような原因があることも考えられます。また、高低のパターンがはっきりせず不安定、高温期が9日以内の方は、不妊症の場合があります。基礎体温は、妊娠しやすい状態が整っているかどうかの目安となります。妊娠するためにも、基礎体温を測って妊活に活かしましょう。

兵庫県三田市にある当院では、腰痛や肩こり、めまい、自律神経失調症、メニエール病などに対応した鍼灸施術をおこなっております。当院の鍼灸施術は、不妊に悩む方のご相談も承っております。体の痛みや不調を感じている方は、ぜひ当院にご連絡下さい。
三田市にあるので、神戸市などの周辺エリアで鍼灸院をお探しの方もお待ちしております。