更年期障害

更年期障害

閉経によるホルモンバランスだけが原因とは考えにくいものです。

更年期障害は人によって症状、原因が違うので違う対処が必要になります。

更年期障害は更年期に発症した自律神経失調症だと考えています。

当院の鍼灸治療は皮膚から不調箇所を感じ取り対応していきます。

  • 「更年期だからしょうがない」
  • 「もう更年期に入ったのかしら」
  • 「男の更年期かな」

こんな話をよく耳にしますね。

50歳前後位の女性について主に更年期と呼びます。

閉経によって女性ホルモンのバランスが崩れ症状がおきると言われています。

症状

  • 心臓がドキドキする(動悸)
  • 大量の汗をかく
  • お腹の調子が悪い
  • 不眠
  • 顔がほてる
  • 足が冷える
  • イライラする
  • 疲れやすい

原因

閉経によってホルモンバランスが崩れることが原因らしいと言われます。

確かにこれも原因の一つでしょう。

しかし、私はこれだけが更年期障害の原因ではないと考えています。


もしホルモンバランスだけが原因だとしたら・・・


二度と治らないということになってしまいます。

でも実際には改善する人が多いですよね。

様々な考え方があることは事実です。

ただ、私はそれぞれの症状を「更年期障害」と

一まとめにすることが問題だと思います。

様々な症状には、それぞれに原因があるはずです。

それを丁寧に考えていかなければいけないと思います。

お気づきの方も多いかもしれませんが

更年期障害の症状は自律神経失調症の症状と重なります。

更年期の自律神経失調症と考えるのが自然かもしれません。

治療

  • 全身性に影響する不調箇所を徹底的にケア
  • 感覚器の治療
  • 弱っている内臓の状態を改善
  • それぞれの症状の原因を改善する

注意しておきたいこと

  • もう治らないと諦めてしまわないで下さい
  • 腰をすえて取り組んでください
  • ホルモンのバランスが崩れることだけが原因ではないと考えています

関連項目

自律神経失調症