自己紹介

子供の頃

丹波篠山で四季を感じ自然とともに育ちました。
篠山に帰ると落ち着きます。
本当に素晴らしい故郷です。

少年時代から野球の虜になりました。
甲子園出場を夢に青春時代を送りました。
結果、あと一歩で出場を逃しましたが。

野球を断念

高校野球引退後に肩を傷めてしまいました。
治療に通いましたが完治せず野球を断念しました。
最後は肩が治りませんでした。

しかし現役時代には何度も鍼灸や接骨院の治療で救われました。
その感謝の気持ちが、今の私に繋がったのだと思います。

ボクシングに転身

しかし普通の大学生は性に合わず、体育会ボクシング部に入りました。
全くの素人で、一から始めたボクシングでした。
それでも主将を任され、一部リーグ復帰を勝ち取りました。
いい思い出です。

就職

卒業後医薬品卸の会社に就職し、9年間在職しました。
営業マンとして貴重な経験をさせていただいたと思っています。
上司や同僚の皆さん、同期の友人にも恵まれました。
お世話になった医師、薬剤師、看護師の皆さんにも感謝しています。

転機

ある頃から人生について考えるようになりました。
人間関係や仕事が嫌だった訳ではありません。
しかし本当にやりたいことをやろう。
そういう結論を出しました。

鍼灸の世界へ

9年間の会社員生活を終え、鍼灸の道に入りました。
やりたいこととは言え、全くの素人でこれもまた一から勉強です。

しかし真っ白な気持でこの世界に入ったのがよかったのでしょう。
何もかもが新鮮で貪欲に取り組むことができたと思います。
ここでも様々な経験をさせていただきました。
また素晴らしい出会いがありました。

現在

今、自分で選んだ道を歩んでいます。
やりたかったことを仕事にしています。
つらい症状でお悩みの方に元気になっていただきたい。
地域の皆様の健康づくりに貢献したい。
そんな気持で日々、取り組んでいます。

感謝

人との出逢いや、経験してきたことに無駄なんてなかったと感じています。
全ての出会いに感謝しています。