自律神経の働きとは?

自律神経の働きとは?

自律神経は生命を維持する上で重要な役割を担っています。
心臓や内臓の動き、食べ物の消化や体温調節、栄養の吸収や老廃物の回収など、内臓器官をコントロールしています。自律神経は自分の意思とは関係なく体の機能をコントロールしています。

交感神経と副交感神経

自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれが必要に応じて体を調整する働きをしています。この2つが働くことで体を一定の状態に保ち、健康な状態を維持することができます。

交感神経

交感神経が働くのは、運動時や仕事をしている時など体が活発に動く時によく働きます。
心拍数を増やしたり血管を収縮させたりし、体がすぐに反応できる状態にします。
交感神経は脊髄と同じように分節性(場所ごとに働きが分かれている)があり、それぞれの場所で体の調整をしています。私は治療の上で、この交感神経の働きを大切に考えています。

副交感神経

副交感神経は、体がゆったりとしている時に働いていることはご存知の方も多いでしょう。
この副交感神経は交感神経のように瞬時に働くのではなく、安定的に働くことが特徴です。
つまり、急に働いたり、抑制されたりしないで、生命維持の働きをコツコツとおこなっています。

自律神経の乱れ?

自律神経が乱れるという表現を多く見かけますが、正しい表現ではありません。
「神経が乱れる」という言葉は学問的には意味が通じない表現です。
また交感神経と副交感神経がシーソーのように働いているというのも間違った理解です。

では、どういう時に「自律神経が乱れる」と言われているのかと言いますと、体の調整が上手くできていない時のことだと考えています。

例えば、内臓に痛みや炎症があると交感神経系が興奮します。
そして交感神経が過剰に働く(興奮する)ことで、不具合が起きることが考えられます。
体の調整を邪魔するような刺激を感覚器が感じ取っている時が問題です。
つまり、体の不調が自律神経の調整を狂わせるというのが正しい理解です。
その根本の不調を改善していくことが、いわゆる「自律神経の乱れ」を改善する方法なのです。
私は、その根本の不調を改善することが本当の治療だと考えます。

兵庫県三田市にある当院は「○○に効くツボ」といった、マニュアル通りに刺激する鍼灸ではなく、原因を追究し患者さん一人一人にあった鍼灸をおこないます。

鍼灸は肩こり、腰痛、五十肩を得意としていますが、当院では更年期障害、不妊症・不妊治療中の方にも多くの治療実績がございます。その他、坐骨神経痛や椎間板ヘルニア、膝の痛みなどの痛みでお悩みの方も、どうぞご利用下さい。三田市近隣の神戸市北区、宝塚市、西宮市にお住まいの方もお気軽にご相談下さい。