岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

ぎっくり腰

2019年05月14日、掲載

横になり、少し落ち着いたら早めに鍼灸治療をおすすめします。

腰やお尻の筋肉がかなり強い緊張を起こしていますので緊張を緩和します。
経験者はよく分かりますがそのつらさは大変なものです。

なってしまった時は横向きに寝るなど楽な姿勢でしばらく休むことです。
少し動ける状態になれば早めに鍼灸治療を受けられることをおすすめします。

注意する事

くしゃみや咳に気をつけましょう

くしゃみや咳がきっかけでギクッと来ることもあります。
瞬間的に筋肉を緊張させてしまうからです。

なりそうな予感がしたら安全に過ごしましょう

過去に経験のある方は「なりそうな気がする」と感じます。
そんな時は大胆な動きや姿勢に気をつけて早めに施術を受けて下さいね。

短期決戦です

間を空けずに、続けて施術を受けるのが改善への早道だと思います。
良くなってからも一定の間隔でケアしておくのが理想的です。

当院での鍼灸施術

お尻や腰、背中など広い範囲で筋肉の緊張が起きていることが多いと感じます。
腰と、その周囲の筋肉の筋緊張を緩和していくことが大切です。

ほぼ、腰痛と同様の捉え方です。
当院での鍼灸治療については腰痛のページもあわせてご覧下さい。

関連項目

腰痛

おすすめコンテンツ