岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

突発性難聴

2019年05月20日、掲載

突発性難聴は早めの対処が肝心です。
発症後の早い段階で耳鼻科の医師の治療を受けることが大切です。
その後、鍼灸治療を併用するのが最も良い選択だと考えます。
良い状態まで改善する例もありますから諦めないことです。

耳鼻科が先で、その次に鍼灸

突発性難聴になって間もない方はできるだけ早く耳鼻咽喉科を受診して下さい。
もし病院に行った後でこれをご覧になっているのであれば鍼灸治療をお勧めします。
入院やお薬の処方が終わるとあとは経過を見ることが多いようです。

私はこの間に、何もせずに過ごすのではなく鍼灸治療もおこなうのがいいと思います。
当院では内耳の環境改善を図り少しでも元の状態に近づけることを目指します。

当院での鍼灸治療

私が重視するのは内耳、鼻、咽喉(のど)の状態を向上させることです。

・内耳の反応点を徹底的に刺激
・鼻や咽喉の反応点への刺激

鍼やローラー鍼を使用して多くの刺激を与えることを重要だと考えています。
またご自宅でもセルフケアをおすすめしています。

注意していただきたいこと

・発症したらすぐ病院に行きましょう
・病院に行った後、鍼灸治療を併用しましょう
・自己ケアも取り入れて刺激量を増やしましょう

おすすめコンテンツ