岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

更年期障害

2019年05月20日、掲載

閉経して女性ホルモンの分泌が減少することでホルモンのバランスが崩れることで様々な不調が出ると言われています。

しかし私には閉経によるホルモンバランスだけが原因とは考えにくいのです。

もしホルモンバランスだけが原因だとしたら・・・

二度と治らないということになってしまいます。
でも実際には数年で改善する人が多いですよね。

様々な考え方があることは事実です。
ただ、私はそれぞれの症状を「更年期障害」と一まとめにすることが問題だと思います。

様々な症状には、それぞれに原因があるはずです。
それを丁寧に考えていかなければいけないと思います。

更年期障害の症状の例

・心臓がドキドキする(動悸)
・大量の汗をかく
・お腹の調子が悪い
・不眠
・顔がほてる
・足が冷える
・イライラする
・疲れやすい

お気づきの方も多いかもしれませんが、これらの症状は自律神経失調症の症状と重なります。

つまり、更年期障害は更年期に発症した自律神経失調症だと私は思うのです。

当院の鍼灸治療

・不調箇所を徹底的に刺激
・感覚器の反応点を刺激
・内臓の反応点を刺激

それぞれの方に必要だと考える反応点への刺激で改善を目指します。

注意しておきたいこと

・ホルモンのせいだと諦めないこと
・少し長い目で見て腰をすえて取り組む
・セルフケアもやってみること

関連項目

自律神経失調症

おすすめコンテンツ