岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

肩こり

2019年05月13日、掲載

咽喉(のど)のお手当が大切です。
関係ないように感じますが、咽喉は肩こりの方の施術で最も大切に考えるポイントです。

どういうことかと言いますと

咽喉の粘膜が炎症を起こすと首や肩の筋肉にコリを作ると考えられています。
これは神経の働きで反射という仕組みが働くからです。

神経のキズ、血流が悪いから、運動不足のせい、頸椎ヘルニア、神経圧迫等様々な説があります。

しかし私はそれらの説を信じていません。
反射の仕組みによるものという考え方が妥当だと感じています。

当院での鍼灸治療

当院の施術は咽喉を重視します。
咽喉の反応点を確認し、鍼やローラー鍼で刺激をおこない、反応点の変化(改善)を図ります。
体性-内臓反射を利用するのです。

今度は緊張した筋肉へのアプローチです。
僧帽筋の他、周囲の筋肉の反応点を確認します。
反応点が見られる筋肉に鍼刺激を加えコリ、緊張の改善を図ります。

身体からの注意信号では?

体は肩のコリを発生させることによって
「無理せずゆっくりしよう!」
というメッセージを自分自身に出しているのだと私は思っています。

調子が悪いことを知らせているとも言えます。
風邪の引き始めに肩がこるのはこのためだと考えています。
こんな状態で無理するとひどい肩こりになってしまいます。

心掛けたいこと

咽喉は過酷な環境に置かれています。
細菌、ウィルス、カビ、ホコリ・・・
咽喉はいつも外からの攻撃にさらされているのです。

粘膜が乾燥するとこれらに攻め込まれやすい状態になってしまいます。
乾燥対策としておすすめしたいことを挙げてみました。

・ドリンクを携帯しておく
・ガムやキャンディを利用する
・乾燥しやすい時期は加湿器を使用する
・咽喉の反応点等に自己ケアをおこなう

あとは仕事の休憩中、お風呂上り等にストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。
思いのほかスッキリすると思います。

おすすめコンテンツ