岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

椎間板ヘルニア

2019年05月14日、掲載

椎間板ヘルニア(頸椎・腰椎)は神経圧迫を起こすことが痛みの原因だと言われています。
腰椎ヘルニアが起こりやすいのは第4、第5腰椎間の辺りが多く、
頚椎ヘルニアは第5、第6頚椎間の辺りが多いようです。

私は痛みやしびれの症状に対して注目すべきは筋肉と皮膚だと考えています。

当院では筋肉の緊張改善が最重要課題です。

当院の施術では頚部については呼吸器の反応点を重視して、
また腰部については泌尿器生殖器の反応点を重視しています。

でもヘルニアとは関係ないように感じますよね。

しかしこれらの反応点は内臓―体性反射でそれぞれ肩や腕、臀部や腰部に影響する可能性があるのです。

当院での鍼灸治療

当院の施術では頚部のヘルニアの方は呼吸器系の反応点を重視して、
腰部のヘルニアの方の場合は泌尿器系、生殖器系の反応点を重視します。

それらの反応点を確認し、鍼やローラー鍼で刺激を与えることで反応点を変化させていきます。
これは体性-内臓反射と呼ばれる神経活動を利用したものです。

肩や腕の筋肉の反応点を確認してその筋肉を刺激します。
また足腰の筋肉も同様に確認して緊張した筋肉そのものへのアプローチをおこないます。
反応点が出現した筋肉には筋緊張を軽減させることを目的に刺激します。

当院では上のような反応点に、ローラー鍼や市販のお灸でセルフケアをおこなうことをおすすめしています。

おすすめコンテンツ