岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

五十肩

2019年05月13日、掲載

関節の異常なのかなと思うかもしれません。
しかし私は痛みの場所は骨や神経ではなく筋肉だと思います。

放っておいて何年もこの痛みに苦しむ方がいると聞きます。
自然に治るだろうと、しばらく放っておく段々とひどくなる場合もあります

症状

例えばこのようなことはありませんか?

・肩関節に痛みがある
・腕を上げられない
・腕を後に回しにくい
・服を脱ぐ時に痛い
・ゴルフのスイングで痛い

腕の動きにともなって痛みが起きていることが分かります。
このような場合は腕を動かす筋肉に注目する必要がありそうです。

他にも呼吸器のお手当が大切です。
肩の関節とは関係ないように感じますよね。
しかし私の施術ではとても大切にしている場所です。

どういうことかと言いますと

気管支や肺等が炎症や痛みを起こすと肩関節周囲の筋肉にコリや緊張を促すと考えられるからです。
神経の働きで脊髄反射という仕組みが働くのです。

当院での鍼灸治療

当院の施術では呼吸器の反応点に着目します。
気管支や肺の反応点を確認し、そこに鍼やローラー鍼で刺激します。
それによって反応点の変化(改善)を図ります。

今度は緊張した関節周囲の筋肉への刺激です。

五十肩と言っても人によって傷めている筋肉は違います。
どの筋肉のどの場所が傷んでいるかを見極めて刺激することを大切にしています。

放っておいても、治ることがあるようですが長期間つらい思いをすることになりそうです。
あまり我慢せずに、早めに対処したいものです。

あと当院では反応点へのセルフケアをおすすめしています。
ローラー鍼や市販のお灸が役立ちます。

おすすめコンテンツ