岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

頻尿、残尿感

2019年05月20日、掲載

なんとなく話題にしづらい悩みなのかもしれません。
しかし頻尿、残尿感は実は多くの方がお悩みだと聞いたことがあります。

この二つは一緒に症状が出ている方が多いように感じます。
したがって、ここでは一緒に考えていくことにします。

・夜何度も起きてしまう(夜間頻尿)
・すぐにトイレに行きたくなる
・残尿感がある
・バス旅行はトイレが心配で参加できない
・あんなに行きたかったのに、トイレに来たらこれだけか・・・

頻尿でも一度の尿が多い場合はあまり問題ではないでしょう。
そういう場合は一時的なものでしょう。

そうではなくて、少ししか溜まっていないのに行きたくなる場合、残尿感がある場合が問題なのでしょう。

私は膀胱の過敏症のようなものだと考えています。
過敏になっているため、まだ尿意を感じる段階ではないのに感じてしまうということではないかと思っています。

当院での鍼灸治療

膀胱の反応点を重視します。
粘膜の過敏症を改善させることが必要だと思われます。

当院では膀胱の反応点を徹底的に刺激します。
鍼、きゅうの併用で刺激することにしています。

根気よく取り組めば改善が期待できると思います。
またご自宅でも、お灸などの自己ケアをおすすめします。

お灸をする場所は、治療の際にお伝えしています。
人によって微妙に反応点の現れる場所は違うことがあります。

関連項目

尿失禁・尿漏れ

おすすめコンテンツ