岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

腰痛

2019年05月13日、掲載

例えばこのようなことはありませんか?

・立ち上がる時に痛みが出る
・朝起きると腰、背中がこわばっている
・靴下を履くときにつらい
・顔を洗う時、前傾姿勢になるのがつらい
・長時間運転すると鈍い痛みを感じる

そのうちに「ズキッ」とひどいことにならないか不安があるのではないでしょうか。

こんな話をよく耳にします。

・腰痛は骨が磨り減ってクッションが効いていないからだ
・椎間板ヘルニアで神経圧迫があるからだ
・年齢のせいだ
・二足歩行で重力がかかるからだ
・ストレスのせいだ

これらのせいで腰が痛くなるのではないかと言っている人もいます。
しかし私は考え方が違います。

私の施術では泌尿器系、生殖器系の反応点を重視します。
腰とは関係ないように感じますが、
しかしこれらの反応点は腰痛の方の施術で最も大切に考えています。

それはどういうことかと言いますと

これらの粘膜が炎症を起こすとお尻や腰の筋肉を緊張させると考えているからです。
これは神経の働きで脊髄反射という仕組みが働くからだと考えています。

当院での鍼灸治療

痛みを出しているのは筋肉です。
その筋肉の緊張を神経は感じ取って脳に信号を送ります。

筋肉を動かす(緊張すること含む)には信号が必要です。
その信号の元はどこだろうかと考えながら施術をすることを心掛けています。

当院の施術では泌尿器系、生殖器系の反応点を重視します。
それらの反応点を確認し、鍼やローラー鍼で刺激を与えることで反応点を変化させていきます。
これは体性-内臓反射と呼ばれる神経活動を利用したものです。

その上で緊張した筋肉そのものへのアプローチをおこないます。
お尻の筋肉や腰回りの筋肉等の反応点を確認します。
反応点が認められる筋肉に鍼刺激を加えて緊張の改善を図ります。

また当院では反応点へのセルフケアをおすすめしています。
市販のお灸やローラー鍼も役立ちます。

身体からのメッセージ!

体は腰の痛みを発生させることによって
「無理せずゆっくりしよう!」
とお願いしているのでしょう。

身体の具合が良くないと伝えているのではないかと思います。
これを無視することなく体を労わりたいものですね。

おすすめコンテンツ