岸本鍼灸治療院

お問い合わせ:079-563-3099

セルフケアのすすめ

2019年05月22日、掲載

セルフケアという言葉は聞くけれど具体的に何をしたらいいのだろう。
そんなお悩みをお持ちになる人も案外多いのだろうと思います。

「こんな症状には○○がいい!」
そんな広告を目にした経験もあるのではないでしょうか。

簡単で万人に効果的な夢のような健康法があればいいのですが、
なかなかそうはいかないと思います。

当院ではその方に特徴的に見られる反応点にお手当てをしていただくことをおすすめしています。例えばいつも内耳の反応点が毎回のように見られる方には、内耳の反応点への刺激をご家庭でも行っていただいています。

家庭でのセルフケアは刺激量を増やす一番いい方法です。
ずっと毎日のように当院に通っていただく訳にもいきません。
しかし、ご自身でも身体のお手当に参加していただくことで刺激の量が増えるのです。
これは強い味方になると私は考えています。

体質改善という言葉もありますが、体質はなかなか変えるのは大変だと思います。
それよりもいいコンディションを維持する意味で体調管理というのが理想ではないでしょうか。

私がおすすめしたいのは以下の自己ケアです。

①おきゅう

せんねん灸等の市販のお灸は上手に使うととても身体のためになります。
当院でもお灸をすえる場所(反応点)をお伝えします。
詳細は施術の際に確認して下さい。

②ローラー鍼

小児鍼の一つで、コロコロと皮膚の上を転がすタイプの道具です。
ギザギザとした突起がありますが、これが刺激になります。
皮膚への刺激は健康づくりの強い味方になるのです。
きちんと使用すれば反応点が変化していきますし、継続するとなおいいと思います。

③ストレッチ

緊張している筋肉を伸ばすことでリラックスさせるのを目的に行います。
症状の改善につながることもありますし、症状を出にくくする可能性があると思います。
心地良く伸びを感じる位にしておきましょう。

それぞれの方に必要な反応点は違っています。
お手当の場所は施術の際に確認して下さいね。
コツコツ継続するということはすごい力になると思います。

おすすめコンテンツ