三田市、神戸市北区、西宮市、宝塚市等から来院頂いています。

お問い合わせ:079-563-3099

医療関係の記事等

49歳での妊娠発表

昨日のインターネット上のニュースで見つけた記事です。

49歳のタレントさんが妊娠し安定期に入ったとのことです。

ご自身がインスタグラムで発表されていました。

長年の不妊治療の末にここまで来られたようです。

高齢(妊娠・出産については)であることや安心できない材料もあるようですが、

なんとか無事に出産して欲しいものです。

当院にも今年数例の出産報告がありました。

新型コロナウイルス感染の心配がある中で大変だったと思います。

これからはお母さんとして活躍していって下さいね。

昨日の当ブログにも書きましたが、不妊治療の保険適用拡大が検討されています。

今後制度が充実してより多くの方が上手くいきますように!

2020.9.16

不妊治療への保険適用に一歩前進

不妊治療への保険適用について

日本経済新聞2020.9.15朝刊の内容より。

総裁選で菅義偉新総裁は不妊治療の保険適用を広げると明言しました。

現在、検査や排卵誘発には保険適用されています。

しかし体外受精や顕微授精などの特定不妊治療は対象外です。

これから年齢や回数という線引き等が検討されるようです。

不妊治療による経済的負担が軽くなるよう願います。

また先日出演したテレビ番組でもこの件に触れ、

どこの部分を保険適用にするか調査しているとのことです。

最終的には1年か2年かかるという見通しのようです。

ただそれまでの間にも助成制度を増やしたいとも語りました。

できるだけ早く負担軽減になるよう期待しています。

2020.9.15

妊活中の方に朗報となるか

日本経済新聞2020.6.24朝刊の内容より。

政府が全世帯型保障改革の中間報告を近々まとめるそうです。

体外受精や顕微授精といった高度生殖医療に保険が拡大されることも検討されているようです。

年末には結論が出るようです。

経済的な負担が軽減されることになるといいですね。

不妊治療で妊活中の方にはいい知らせです。

是非とも実現していただきたいと思います。

2020.6.24

不妊の原因 半数は男性に

少し前の新聞記事からの情報です。

日本経済新聞 朝刊 2020年1月20日(月)29面の記事より。

 

「不妊の原因 半数は男性に」

 

不妊治療を受ける人が増えています。

記事によりますと不妊カップルのうち男性に原因があるのは24%。

男女両方にあるのは24%で合わせて約半分は男性に原因があるとされている。

これは世界保健機関(WHO)の2017年の報告です。

 

せっかくなら女性に原因があるものの数字も掲載して欲しいものですが、男性も原因になることが予想以上に多くあるということでしょう。

 

男性不妊という言葉も最近ではよく聞くようになりました。

夫が協力的でなく妻だけが必死に頑張っているという話も時々耳にします。

でも夫婦は一緒に医師の診察と治療を受ける方がいいでしょう。

 

しかし別の調査によると現実には多くの男性が精液検査を受けていないようです。

その理由は「自分に理由があると思わないから」というものが38%で最多だったそうです。

不妊治療では女性の方が肉体的にも精神的にも負担が重くなるこが多いと思われます。

少しでも負担が軽くなるよう夫もできるだけ検査や治療の協力をしてほしいと思います。

夫に決定的な問題がある場合、妻が無駄な時間を過ごすことになってしまう可能性もあります。

 

一緒に取り組むことで様々な面で負担の軽減につながると思われます。

 

2020.2.22

新型コロナウイルス等

新型コロナウイルスについて連日報道されていますね。

皆未知のものへの恐怖、不安がありますね。

新型コロナウイルス対策も大事ですが、インフルエンザにも注意が必要ですね。

両者とも私たちができる対策はそんなに変わらないと思います。

手洗い、マスクは対策としてしておくほうがいいと思います。

 

万が一患者の皆様にも迷惑をかけることになりますので、先日より施術中には原則マスクを着用することにしております。

当面は継続していき今後については状況を見ながら検討します。

 

なお新型コロナウイルスについて非常に分かりやすく解説した記事がありましたのでよろしければ参考になさって下さい。

以下のリンクは、BuzzFeed(バズフィードジャパン)2020/01/30 の記事です。

川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦(おかべ・のぶひこ)先生のお話です。

「新型コロナウイルス どれぐらい警戒したらいいの? 感染症のスペシャリストに聞きました」

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/ncov2019-okabe?origin=tub

 

2020.2.1

16人に1人が体外受精児

10月29日(火)の日本経済新聞夕刊で以下のような内容が掲載されていました。

日本産婦人科学会の発表によりますと、2017年に不妊治療の体外受精によって生まれた子供の数が5万6617人だったとのことです。

これは16人に1人の割合になるそうです。

成功しなかった治療件数も44万8千件あまりで最多だったようです。

 

多くの方が高度生殖医療を受け、多くの子供が生まれる時代になったんだなあと感じます。

最近では「妊活」という言葉も多く使われるようになりました。

医療が発達して多くの方に良い結果が出るようになって良かったなあとも言えます。

しかし上の数字から見ると体外受精の成功率は10%位だと分かります。

病院で受ける不妊治療は多くの時間とお金をかけて臨む治療ですからもっと確率が上がればいいなと思います。

 

私はこの成功の可能性を鍼灸によるアプローチで上げたいと思っています。

より良いコンディションで移植手術を迎えられるようにすることが大切なんだと思います。

夢がかないますように!

 

2019.11.1

おすすめコンテンツ